プレゼントにも♪ブルーベリージャムの絞りだしクッキー

こんにちは(^-^)/

先週、中学校は期末試験があり、ワタシも三男のテスト勉強に付きあっていたのですが(中間テストの結果が散々だったのでΣ(ω |||))、ワタシが中学生の時と、ずいぶん変わったなー、というものもありました。

英語や数学は、基本、昔と変わらないのですが、ちょっとびっくりしたのが歴史!

ワタクシ、学生時代は、日本中世史を専攻していた元歴女(゚∀。)アヒャ

社会の勉強についつい、力が入っちゃうんです(笑)

そんな中、三男の教科書を見ながら、「昔は、こうだったのに!」というものが結構ありまして。。。

期末テストの範囲が丁度、四大文明のところだったのですが、ワタクシが中学時代は、黄河文明と覚えたのが、今では、中国文明となり、文明が発達した地域も、黄河流域だけではなく、長江流域に広がっていて、びっくりしました。

中学生の時は、特に疑問に思わず暗記していましたが、考えてみれば、黄河だけではなく、長江流域でも文明は発達していたので、中国文明と言った方が自然だなー、と、勉強になりました。

ワタシの監督なりで勉強してくれるのが一番ですが、監督をしながら、色々と発見があって面白かったですo(^▽^)o



ところでこの前、ブルーベリージャムを頂いたので、そのジャムを使ってクッキーを作りました~

生地にジャムを練り込み、絞って焼いたあと、真ん中にジャムをのせて2度焼きしたクッキーです。

プレゼントにもオススメです~

是非、お試し下さい(o‘∀‘o)*:◦♪



ブルーベリージャムクッキー

「ブルーベリージャムの絞りだしクッキー」
(材料)
無塩バター・・・50g
ブルーベリージャム・・・30g
砂糖・・・大さじ2
卵・・・1/4個分(12.5g)
薄力粉・・・70g
コンスターチ・・・20g
牛乳・・・大さじ1

ブルーベリージャム(トッピング用)・・・適量

(作り方)
(1)室温に戻したバターをボールに入れ、白くなるまで泡立てる。

(2)ブルーベリージャムも加え、更に混ぜる。

(3)砂糖を2回に分けて加え、更に混ぜる。

(4)卵を加えたら混ぜ、振った粉類(薄力粉とコンスターチを合わせたもの)を振り入れ、ゴムベラで合わせる。

(5)最後に牛乳も加えて混ぜ、星口金をつけた絞り袋に詰め、オーブンペーパーを敷いたテンパンに、丸く絞る。

(6)150℃のオーブンで13分焼いたら、一度取り出し、真ん中にブルーベリージャムをのせる。

(7)再び150℃のオーブンで2~3分焼く。完全に冷めたら、テンパンから外す。

(メモ)
オーブンの機種によって加熱時間が変わってくるので、調整して下さい♪
ブルーベリーの果実が残っている時は、裏ごしてから、バターと混ぜて下さい♪



ところで今回、こちらのクッキーをプレゼントにしようと思い、モニターをしています suipa様の素敵な袋に詰めてみました~


スイパモニター201763




スイパモニター20176袋白
バリアNY ST袋ホワイト(120×70×190)

スイパモニター20176袋赤
バリアNY ST袋レッド(120×70×190)


スイパモニター20176袋
バリアNY ST袋パープル(120×70×190)


袋を立てて並べられるので、色々な場面で活躍してくれること間違いなしです!

オススメです~(o‘∀‘o)*:◦♪





お願い

掲載していますレシピ&画像は無断転載禁止です。




ご訪問ありがとうございますo(^▽^)o

お手数ですが、4つのボタンを押していただけると嬉しいです♪

皆様の応援が励みになっています(*´∀`人 ♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

mytaste.jp

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント